『快適メガネ研究会・MORE』のリレーブログ

  • 2019.05.24 Friday
  • 22:59
こんばんは〜 (*^_^*) 川東章久です。 今回は『快適メガネ研究会《MORE》』のリレーブログに掲載されましたので…

コチラでも同じ内容でアップさせていただきます。

タイトルは…

『眼をメガネに合わせるのか? メガネを眼に合わせるのか?』ってコトを考察したいと思います。

メガネレンズには『近視用・遠視用・乱視用…などなど』といろんな種類がありますよね。

初めてお掛けになる方は〜 『自分の眼ってどんな見え方をしてるんだろう?』って感じておられるかもしれないですが…

大体の人は『遠くが見え難くなってきたから近視かな?』とか『スマホを遠くにしないと見え辛いから老眼かな?』又は『以前作ったメガネではしんどくなる〜!』と感じられてお店に来て下さいます。

『度数は変えなくて良いからカッコイイフレームで作って下さい!』って方も居られます。

メガネを構成しているのは…

『フレームとレンズ』

…ですよね。

レンズは『眼(角膜)から12ミリ離れた位置にあるコトが前提』(フレーム頂点間距離)に作られていますが…

お気に入りのフレームがその条件に合わない時はどうされますか?(・・?)

メガネを快適に使うのには他にも気をつけないといけないコトがいくつかあります。

*HOYAさんのサイトからいただきました。

上の『フレーム頂点間距離』だけでなく『フレーム前傾角・フレームそり角』のコトも記してあります。(u_u)







各々(指定可能範囲)が記してますが、これらを計測したデータを基にレンズを作るシステムをHOYAさんはじめ国内外のレンズメーカーさんが持っています。

『好きなアイウェア(フレーム)で、掛けたテイストも保って快適な視え心地にしたい!』

…と言う要望に応えられるのが『individual(インディビデュアル)デザイン』などです。

メガネレンズのロイヤルオーダーなので、普通の設計よりはちょっと高額にはなりますが…

フレームに合わせた設計により得られる快適さは違うとボクは感じています。

『どんな感じなんだ?』とのお答えは…

『ハッキリ言ってお使いいただかないと解らない』のですが…

当店のお客様には高評価をいただいでおります。

ぜひ、MOREの加盟店でお問い合わせくださいませ!

それではまた〜!♪( ´θ`)ノ
コメント
コメントする








    

calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< December 2019 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM