コンタクトレンズをお使いの方に・・・ちょっとコワイ話しかも?

  • 2010.07.30 Friday
  • 17:05
 こんにちは、川東です。

Yahoo!を開くと・・・
<コンタクトレンズ>増える角膜感染症 汚れによる傷が原因、失明も
って文字が目に飛び込んできました。

「細菌による角膜感染症・・・・」って詳しく説明して有りました。
サイトはコチラ↓
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100730-00000004-maiall-soci

別のサイトですがコチラも参考に・・・
http://www.skk-health.net/me/30/index.html

最近は2週間装用のタイプが随分と普及しているのですが、外さずに2週間着けっぱなしでもOKと勘違いされている方も多いので、事故は絶えないようです。


ちょっと気になったのでお知らせまで〜。

後でまた、お会いしましょう!

視力測定について、藤原君と勉強を・・・

  • 2010.05.03 Monday
  • 21:31
こんばんは、 川東です。

昨日のブログでお話ししたTV番組のことを今日は藤原君に伝えて、話の流れで「視力測定について」いろいろとミーティングをしていました。

ボクの奥さん〜ヒロコさんはとっても目が強く、小さいころから暗い部屋で小さな電球一つで本をいっぱい読んでも視力の低下がなかったのです。

そればかりがあの「イチロー」が子供の頃に自動車に乗っている時に対向車のナンバープレートの数字の両端の足し算をしていたことを彼女もしていたのです。彼女は両端だけでなく「4ケタの合計」を暗算で計算していたそうで・・・

「あのイチローより高度なことをしていたんや!」と感激していました。

ヒロコさんの得意なのは「難しい道順を良く憶えている」、「探している人を見つけるのが早い」、「暗い道でも良く見えている」などなど・・・

テレビの『新事実、眼を鍛えると脳力UP・・・』をそのままやっている人でした。すげー!


話は戻って・・・

藤原君と「視力測定」の方法についていろいろ語り合っていたのですが・・・

最近ボクタチがちょっと取り組んでいるのが「両眼視測定」です。

「そんなこと言われなくてもいつも両目で見てるやん!」と思われるでしょうけれど、必ずしも快適な両眼視をしているとは限らないのです。

手でも右利きの人が多いですよね。
左手と右手の使い方って違いますよね。

目も効き目があったりします。

眼鏡屋をしていると「両目の使い方の違う方、バランスが上手くいっていない方」が多いのに気付かされます。

藤原君は「眼鏡学校卒業」なのでボクが感じていることを理論だてて教えてくれます。
ボクが経験で学んだことは逆に彼に伝えます。

まだまだお互いに勉強することが尽きないのです。

両眼視測定で使うのは、いつもの機械やツールです。

視力測定4
とか、

視力測定2
とかです。

レンズメーカーさんからいただいた資料や・・・
視力測定3

視力測定1

測定機械のマニュアルも教材です。

50歳のボクが感じるのは・・・
「年齢や個性で見え方は変わる」と言うこと。

いろんな方が居られるように、その方ひとりひとりに合わせないと、快適に使えるメガネが出来ないと思います。

日々研鑽です。


そんなことを感じた今日でした。


それではまた〜!

「最近、本や新聞が見づらくなったなぁ・・・」と感じられてる方々に。

  • 2009.11.25 Wednesday
  • 22:09
 川東です。

今日は「アラフォーの方々」に、もしタイトルで引っかかったら読んでいただきたい内容です。

「お手元メガネ」・「近く用メガネ」・「パソコン用メガネ」・「読書用メガネ」・「書道用メガネ」・「ミシン用メガネ」・・・表現の違いぐらい種類はありますが、要するに「目的の距離に合わせた度数のメガネ」ですよね。

「机の上の本の字は見えるけど、黒板に書かれた文字がはっきり見えない!」と言う子のほとんどは近視ですが・・・

4〜50歳代の方々が「遠くはよく見えるけど、新聞や本が腕を伸ばして話さないと見えにくい!」とおっしゃる方々の多くは言い方が嫌ですが「老視(老眼)」かも知れません。

ボクはメガネ屋なので「そんなん、中年になったら調節力も低下して近くが見難くなるのん当たり前やん!」と簡単に割り切れるのですが、小さい頃から視力がず〜っと良い人には絶対認めたくない現実なのです。

小学生や中学生の頃は「ボク、視力が良くて1.5のところがちゃんと見えるねんで!」と自慢してる子がどこの学校にもいたはずです。

最近は計り方が変わったので「AやBなど」であらわされてるようですが・・・

とにかく、視力の良かった子はそのまま大きくなって運転免許証を取得するにも何の苦労もなかったとします。

そういう人は40歳頃からちょっと「老視っぽく」なってくることもあるのです。

視力が良すぎると「近視」と逆の「遠視」になることもあります。

参天製薬さんに解りやすく書いてあったのでサイトを貼り付けておきます。
http://www.santen.co.jp/health/enshi.shtml


ボクたちが「遠視・老視」をチェックするのに手軽に使っているツールがあります。

レッドグリーン1

画像を軽くしてあるので見難いのですが、真ん中の「赤のところと緑のところの文字でどっちが見やすいですか?」と言いながらハガキの大きさのものを見ていただくのです。

レッドグリーン2

一番よく見てると思われる距離でこのカードを見ていただいて「緑の方が見やすい」と感じられる方は、上に書いてありますように「そろそろ調節力が減衰しはじめているか、近用メガネの度数が合わなくなってきています。」・・・かも?

面白いサイトがありましたので、こちらもご紹介。
http://www.geocities.jp/opt_inaba/eyetest_chart_red_green.html


視力には個人差がありますし、近くでモノを見るのにも「クセ」があったり「好み」もあります。
なので、一般的な考えがまかり通るとは考えておりません。

ボクたちは昨日のブログにも書きましたが「その人その人それぞれに合わせて測定や調整などをいたします」ので、気になった方が居られましたら当店までお越しくださいませ。


難しくて申し訳ございませんでした。

それではまた〜!

視力測定の時に必要な当店のお利口さんたち。

  • 2009.11.23 Monday
  • 19:23
 川東です。

本日は当店にいつも居る「とってもお利口なマシンくんたち」をご紹介いたします。

先ずは「視力測定マシンくんたち」を・・・

kengan1

テーブルの上の右側にお客さまが座られます。
ボクたちは、テーブル手前のコントローラーを触って視力測定をいたします。

テーブルの置くにあるので「おおまかな視力測定」をします。
その後でポールから飛び出ている「穴から覗いていただき、細かい視力測定」をいたします。

kengan2

覗くのはこんなテレビのような視力表です。
この中に鏡が入っていて実際に遠くを見るのと同じ働きがあります。


その後に眼科さんで行ってる「実際に仮のメガネを掛けての視力測定」を行います。

お手元の度数(老眼)のメガネや「遠近両用メガネ」を必要とされている方にはここからまだいくつかお調べしないといけない事があります。

なので、早くても15分から20分くらいは視力測定の為に時間が必要なのです。
長くかかるとお客さまの目も疲れてしまいますから、テキパキと行います。

度数についてはお客さまによって変化しますので説明が出来ないのですが・・・
「良く見えて、快適で、疲れにくい度数」を心がけています。

フレームとレンズの組み合わせでそういう条件も随分と左右されますので、その時々でお奨めする内容が変わります。

それはどのメガネ屋さんでも同じだと思っていましたが、最近は「パッケージ販売」が多くなってきて、個性的なものが「誰もが一緒」みたいにお客さまも思ってられる気がします。




レンズを削るマシンくんは・・・
kengan3
こんなのです。

この機械の下には、フレームをセットしてレンズの形を測定するマシンくんが居ます。
kengan4

フレームをセットすると・・・
kengan5
ここでレンズの入る形をトレース(なぞりっこして測定)すると、上のレンズを削るマシンくんにデータが入るのです。

kengan6
こんな感じですね。

それからレンズを削るマシンくんにセットして「スタート!」ボタンを押すとレンズの出来上がり!


非常に簡単に説明するとこんな感じですが、レンズを削るのも書けないことの方が多いんですよね〜。

メガネって本当に「その人その人・・・」の個性や環境や目的や・・・いっぱいの条件や思いが入っていますので、測り方や作り方は無限にあるんですよ。

当店のマシンくんたちは、そんなボクたちスタッフの思いを汲んで毎日、文句も言わず(時々は駄々をこねますが・・・)働き続けてくれています。


ちょっと今日は、難しいお話でした。


それではまた〜!

今日の新聞に・・・

  • 2009.10.18 Sunday
  • 19:55
川東です。

今日の朝刊で面白い広告が掲載されていました。

「40歳以上の方  回してチェック! 緑内障などの『視野』の欠け。」

という文字が眼に飛び込んできたので、思わずジッと何が書いてあるのかチェックしました。

写真を撮るとダメなようなので文面だけでご説明します。
でも、それってすっごく難しいので「緑内障啓発サイト NTG40.jp」をご紹介いたします。

http://www.ntg40.jp/check/howtouse1.html

新聞の内容をパソコンで試せます。


簡単なチェックで視野の確認が出来ます。

実際ボクもやってみましたが、簡単でしっかり調べれるのでは?・・・
と感じました。


ボク自身、強度近視からなったと思われる「黄斑変性性」なんですが、それもチェックできます。

自覚があるのでビックリしませんが、自分で気が付かないうちになってたら絶対驚きますね。

 http://www.ntg40.jp/check/blindspot.html

先ずここで(マリオット)盲点を調べます。

それから次に視野のチェックをして・・・
http://www.ntg40.jp/check/howtouse2.html

もし、気になることがございましたら早い目に眼科にご相談をお奨めいたします。



今日はちょっとマジメな内容でしたが、いかがでしたでしょうか?

宜しければご感想をお待ちしております。



それではまた〜!

calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
<< February 2020 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM